Newsお知らせ

2022.05.27 いでブロ

建築条件付き土地とは?

 

こんにちは!

井手です。

 

本日は、建築条件土地についてお話させて頂きます。

新築一戸建てを探しているときに目にすることがある「建築条件付き土地」。

どういう意味がご存じでしょうか。

 

基本的には、

『その土地を「指定の建築会社」で建築してください。』

という土地の事を「建築条件付き土地」といいます。

 

それでは何のメリット、デメリットがあるかご紹介させて頂きます。

 

メリット

・建築条件付きではない土地に比べて、安い!

通常の土地の売買では、土地を売ることで一定以上の利益を出す必要があります。ところが、建築条件付き土地の場合は、家を建てることによって得られる利益がそれに上乗せされるため、一般的な土地を買うよりも安価で購入できる場合があります。土地と建物をバラバラに購入した場合、それぞれの業者が利益を乗せることになります。しかし、これが同一業者であれば、「土地の分と建物の分を合わせた売却額で利益が出せればそれでいい」という考え方になります。

 

・間取りや内装を自由に決められる

例えば、自由設計を売りにした建築条件付き土地では、建築会社の指定はあるものの、間取りの指定はありません。そのため、建売住宅の新築一戸建てとは異なり、自分の家族構成や生活スタイルに合わせて間取りをある程度オリジナルで作ることができます。
ただし、注文住宅のようなデザイン性の高い住宅や、特殊な部材が使えないということもあります。あくまでも、指定の建設会社が対応できる範囲内での設計だということを覚えておくことが大切です。

 

デメリット

・自分の好きな建築会社で建てることができない

建築条件付き土地の最大のデメリットは、自分が依頼したいと思っていた建築会社で住宅を建てることができないことです。住宅の購入にあたってモデルハウスなどを見学し、気に入った住宅があった場合、その建築会社で建てたいと思うことがあります。ところが、建築条件付きの土地では、条件として建築会社が指定されている場合はその建築会社でしか建築できないので、希望する建築会社がある場合はデメリットになります。

 

他にも良いところ、悪いところございますが、大きい理由をご紹介させて頂きました。

 

私は、建築会社が決まっていない方は、安く土地を買えるので「建築条件付き土地」をオススメします!

 

そこで、弊社取り扱いの「建築条件付き土地」をご紹介させて頂きます。

習志野市本大久保 京成本線「大久保」駅 徒歩9分 の物件です!

👇URLをクリック👇

https://suumo.jp/tochi/chiba/sc_narashino/nc_98168379/

👆URLをクリック👆

 

この土地は、 どのような間取りが出来るか 建物プラン 等 些細な事でもお気軽にお問い合わせください!

お待ちしております!

 

株式会社 東日本不動産

井手 孝輔